FC2ブログ

幻煌の都に潜む竜、キングレックスパシフィスデッキご紹介!

  •   13, 2017 18:29
  •  1
どうも!

ゆら。です!


こんかいは

前回に予告していた

パシフィスデッキ】のご紹介です。

日本橋で行われている

大人のデュエル会でも1度使用しているデッキで

かなり愛用しているデッキの1つですね。



では、早速デッキレシピから!



レックスパシフィスのレシピご紹介!

IMG_4550.jpg 
IMG_4552.jpg 
(リンクリボー1枚→リンク・スパイダー1枚になっています)

詳しいデッキレシピはこちらから



幻煌龍スパイラル』の軸ではなく、

今回は、バニラ(トークン含む)メタビートの構築です。


では、今回もお題に沿ってお話していきましょう!



今回のお題はこちら!!

・採用カードの理由、枚数などのお話

・このデッキの特徴、注意点のお話

・おすすめのバニラモンスターのお話

・おすすめできるカードをいくつかご紹介!



では、上から順に1つづつお話していきましょう!!




①採用カード達のお話!

card100046356_1.jpg card100046392_1.jpg

バニラモンスター

card100006028_1.jpg 

枚数的には

・サーチ札+バニラ2枚、

・バニラ3枚、

・バニラ4枚

までが理想かと思います。


バニラビートを主軸と考えるのであれば、

計6枚ほどまででも問題ないでしょう。



今回に関しては、

可能な限り、トークンやリンクモンスターを

メインアタッカーに考えているため、

バニラモンスターは必要最低限しか積んでいません。


命削りの宝札、強欲で謙虚な壺
 
card100031087_1.jpg 

通常魔法(準制限カード)
「命削りの宝札」は1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):自分は手札が3枚になるようにデッキからドローする。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。
このターンのエンドフェイズに、自分の手札を全て墓地へ送る。


メタビートの代表的なドローソースとなっていますね。

基本的には

バンバン特殊召喚を狙うデッキではないので

相性としては悪くありません。


これを使ったターン、

トークンが生み出せないという隙があるので

注意が必要です。


テラフォーミング、メタバース

card73707637_1.jpg card100057652_1_20170913165112fc4.jpg

『強欲で謙虚な壺』も含めて、

パシフィス』を置かないと始まらないのが

このデッキの弱さです。

故に、手札に持ってくる手段、

場に発動させる手段につながるカードが

フル投入されています。



幻煌カード

card100046392_1.jpg 

幻煌龍の戦渦>

通常罠
フィールドに「海」が存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。
(1):自分フィールドのモンスターが通常モンスターのみの場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターが装備可能な自分フィールドの全ての
「幻煌龍」装備魔法カードをその通常モンスターに装備する。



今回は手札から打てる強力な除去である

『戦渦』のみ採用しています。

相手の打点を下げることができる『浸渦』も採用候補ですが、

今回はスルーしています。



潜海奇襲

card100055438_1.jpg 

永続罠
(1):このカードの発動時の効果処理として、自分の手札・墓地の「海」1枚を選び、発動できる。
(2):フィールドに「海」が存在する場合、表側表示のこのカードは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、自分フィールドの水属性モンスター1体をエンドフェイズまで除外して発動できる。
このターン、自分フィールドの表側表示の魔法・罠カードは相手の効果では破壊されない。
●元々のレベルが5以上の自分の水属性モンスターが
相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。
その相手モンスターを破壊する。

パシフィス』デッキ

基本、フィールド依存な点があり、

相手は集中して割りに来ます。


墓地のパシフィスを再度発動できるの

まず1つ目のこのカードの強みです。


また、『パシフィス』で生み出されたトークンは

☆8の水属性モンスターなので 

2つ目の下の効果である

相手モンスターをダメージステップ開始時に

問答無用に破壊できるという効果もあります。

これがかなり強力なんですよね。

スケープゴート

card100025408_1.jpg 

速攻魔法
このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
(1):自分フィールドに「羊トークン」(獣族・地・星1・攻/守0)4体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。

少しふれたように

主にこのカードからリンク連打して

アタッカーを生み出します。


今回の禁止制限、おそらくかかるカードですね。


個人的には好きではなかったので

進んで採用はしてこなかったですが

このデッキの場合はやむを得なく採用しました。


とりあえずリンクと相性いいから入れとけ感もあるカードなので

規制に関しては賛成派です。


永続罠系

card1003561_1.jpgcard1000137_1.jpg 

このデッキは、墓地も使わない、モンスター効果も使わない

種族、属性もあまりこだわらなくて動ける

というかなり自由度のあるデッキです。


『スキルドレイン』『マクロコスモス』をはじめ

流行りの『御前試合』メタ要素のあるフィールド魔法

などもいれやすく、環境に溶け込みやすいという

メリットがあります。


今回は、『御前試合』よりも

場を荒らせる『激流』『ウェーブフォース』を優先して採用していますが

サイド戦では、投入するケースも出てくるでしょう。

 ⑸除去罠系

これは後ほど注意点の際、お話をします。

 
②このデッキの特徴、注意点などのお話

cutin.jpg 

このデッキは、先ほど触れたように

フィールド依存の

トークンやリンクモンスターを

アタッカーとして考えられたデッキです。


相手の動きに合わせて、

臨機応変に対応するデッキになります。


最近のデッキは、

サーチ魔法、モンスター効果を使用して

展開するのが基本です。


スタートから『パシフィス』を維持できれば

すぐさまトークン+『戦渦』の体制が整い、

妨害につなげることができます。


トークンは2体維持できないので、

『リンクスパイダー』などをはじめ、

どんどんリンクにつなげていくのがいいでしょう。


また『トポロジック・ボマー』を出すことができれば、

相手が何かを発動させると同時に

トークンをリンク先に生み出すことで、

全体破壊効果を連打することができます。

card100051634_1.jpg 

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
効果モンスター2体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在し、
フィールドのリンクモンスターのリンク先にこのカード以外のモンスターが特殊召喚された場合に発動する。
お互いのメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。
このターン、このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。
(2):このカードが相手モンスターを攻撃したダメージ計算後に発動する。
その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。


この動きが

【パシフィス】デッキの強みの1つですね。



逆に注意点となるのが、

なにも発動させずにアタッカーを送り込んでくる状況です。

相手がなにも発動させない

すなわち、トークンが生み出されない

つまり、モンスターがいない状況で殴られるわけです。


特に終盤のジリ貧な状態になると

ほぼ負けが確定します。


勿論、『ウェーブフォース』警戒で

1体守備にするなど

狡猾なプレイヤーには

まくることは厳しいでしょうね。


通常のメタビートよりも

場にモンスターを残さないよう

なお慎重に除去カードを打つ必要性があります。


デッキとしては

やや難易度の高い要求をしてくるものとなります。




 
③おすすめのバニラモンスターのお話

 ⑴ジェネティックワーウルフ

評価:★★★★☆

card1001241_1.jpg 

地属性の2000打点のアタッカー。

『ミセスレディエント』の素材にできる

地属性であるという利点があります。

一応『炎舞ー天キ』と合わせて採用すれば

2100打点まで引き上げることが可能です。



 ⑵メガロスマッシャーX

card100049404_1.jpg 

評価:★★★★★

恐竜族、2000打点、水属性のバニラ。

『潜海奇襲』の除外コストにもなり、

好相性のカード。

サーチも『化石調査』があるため、

2枚+サーチの採用もできます。


 ⑶幻殻竜

card100022867_1.jpg 

評価:★★★★☆

幻竜族、闇、2000打点のバニラ

幻煌龍スパイラル』を採用する際に

合わせて採用が見込めます。

幻竜族ということで

『幽麗なる幻滝』と合わせての採用が見込めます。


幻煌龍トークンはコストとして使えない裁定が出ていました。

大変失礼しました。


card100046404_1.jpg 

通常罠
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから幻竜族モンスター1体を手札に加える。
●手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
幻竜族モンスターを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。
自分は墓地へ送ったモンスターの数+1枚をデッキからドローする。
 
バニラペンデュラム

card100027960_1.jpg 

評価:★★☆☆☆

がらりと変わった構築になります。

相性としては、悪くないといった程度。

『メタモルフォーゼ』よりも

【ドラコニア】の方が相性は良いでしょうね


うまく活かすのであれば

『戦渦』を利用したバニラビートに近い形になるかと

思われます。



 
④おすすめできるカードをご紹介

盆回し

card100046458_1_2017091317591846e.jpg 

速攻魔法
(1):自分のデッキからカード名が異なるフィールド魔法カード2枚を選び、
そのうちの1枚を自分フィールドにセットし、もう1枚を相手フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードのいずれかがフィールドゾーンにセットされている限り、
お互いに他のフィールド魔法カードを発動・セットできない。


フィールド魔法を自分と相手の場にセットする

速攻魔法カードです。

『テラ・フォーミング』が制限になると

スタートの『パシフィス』発動の確率が減ってしまいますし

このカードも採用しなければいけない事態になるかもしれません。


幸い、メタ系のフィールド魔法もいれやすいですし、

そこまで支障もないかなと思います。


『混沌の場』などを入れたくなければ

『アンワ』などのメタ系を追加するだけでも

全然問題ないかと思います。


バージェストマ

card100040146_1.jpg 

罠カードを発動時、

墓地から通常モンスターとして呼び出せる

テーマのカードたちです。


『パシフィス』は場合の効果なので

タイミングを逃さず、サーチにつなげることが可能です。


また、破壊を介さない除外、

打点の補強なども

バージェストマカードで補うことができるメリットがあります。


その場合、『マクロコスモス』はおさらばですね。


card100040137_1.jpg card100040146_1 (1)

<バージェストマ・ハルキゲニア>

通常罠
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了まで半分になる。
(2):罠カードが発動した時、その発動にチェーンしてこの効果を墓地で発動できる。
このカードは通常モンスター(水族・水・星2・攻1200/守0)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。
この効果で特殊召喚したこのカードはモンスターの効果を受けず、
フィールドから離れた場合に除外される。

<バージェストマ・ディノミスクス>

通常罠
(1):フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
手札を1枚捨て、対象のカードを除外する。
(2):罠カードが発動した時、その発動にチェーンしてこの効果を墓地で発動できる。
このカードは通常モンスター(水族・水・星2・攻1200/守0)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。
この効果で特殊召喚したこのカードはモンスターの効果を受けず、
フィールドから離れた場合に除外される。



ブービートラップE

card100029898_1.jpg 

通常罠
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
自分の手札・墓地の永続罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。

『潜海奇襲』を持ってきて

『パシフィス』を戻したり、

『スキルドレイン』『マクロコスモス』などで

再度妨害を企てたりと

実用性のある再利用罠ですね。


命削り』タイプのデッキなので、

ハンドコストが状況次第で厳しいですが、

個人的にはお勧めできる1枚ですね。

【インフェルノイド】を使ってた際に

お世話になりました。



まとめ

相手が効果使って動いてくれないと

8bd00a61.jpg 

何もできずに死んでしまいます。




ちなみに除去のタイミングを間違えると

20160302.jpg 

ゾンビのようにわいてきて絶望します。


少し難しいデッキですが、

是非、使っていただけたらと思います。


長くなりましたが、

ありがとうございました!


ではでは!


ランキング参加中!
是非、クリックお願いします!


人気ブログランキング

Tag:遊戯王 幻煌龍 パシフィス キングレックス 命削り

1 Comment

ゆら。@ヒトデの人  

Re: タイトルなし


失礼しました。

トークンは選べないという裁定出てましたね。
訂正しておきます。 

2017/09/13 (Wed) 21:36 | EDIT | REPLY |   

Post a comment