玩具の底力! ファーニマルデッキ

どうも! ゆらです。
今回は2回目のデッキ紹介ということで、
新弾で強化された【 ファーニマル】を紹介していこうと思います。
card100018807_1
新弾のカードの登場で、融合モンスターも含め、大幅に強化されたテーマです。
では早速レシピから。

fa-nimaru

モンスターから軽く触れていこうかと思います。

【ファーニマルドッグ】、【ファーニマルオウル】
ドッグ』は汎用性の高いサーチカード
『エアーマン』というよりは『ジェムレシス』みたいな感じでしょうか。
このカードを引ける引けないで大きく変わります。
『強欲で謙虚な壷』も引くためのカードとしてありですが、
融合とは相性が悪く今回は見送りに。

オウル』は融合サーチを持つ優秀カード。『ブレイズマン』といったところでしょうか。
こいつを召還するだけで、【エッジインプ】が手札にある、
またはサーチできる状況があれば即座に融合につなげることが可能。
また、自身の効果でも融合可能なので、複数体だしてキルにつなげることも可能です。

どちらも核となる優秀カードですね。

【ファーニマル・シープ】

墓地に【エッジインプ】が存在すると強さを発揮できるカード。
【ファーニマル】が存在すると手札から特殊召還できるモンスター。
ファーニマルモンスターを手札に戻すことで、墓地の【エッジインプ】を特殊召還し、
融合素材を実質このカード1枚でそろえることができます。
『ファーニマルドッグ』とかなり相性がよく、即座に動くことは可能ですね。
また、『エッジインプチェーン』のサーチも活用でき、手札コストを最小限に抑えつつ、
展開につなぐことができるのも強みですね。

【ファーニマル・ベア】
効果は期待していません。
『融合徴兵』で唯一持ってこれるファーニマルモンスターです。
『融合準備』を入れるケースであれば、サーチしたのち、シープとのコンボも見込めます。
今回は『融合準備』は採用していませんけどが。
 
【エッジインプ】 
『シザー』は自身でも特殊召還できるので最悪効果で並べることはできますが、
できる限り使いたくないですね。
キルを狙いにいくときのみぐらいでしょうか。
『チェーン』はアタック宣言時に同名をサーチできる。
『ハルベルト』よりも簡単な条件ですが、サーチは同名のみ。
また、素材になったときも効果があり、【デストーイカード】をサーチできる。
主に『魔玩具融合』で一気に展開する形をとるのが基本的な戦い方ですね。

【沼地の魔神王】
『融合』サーチ、素材代用と正直効果として申し分ない。
最初は2枚でしたが、3枚で安定したので現在は3枚です。

その他の採用候補
『デブリドラゴン』『ジャンクシンクロン』
特に『デブリドラゴン』ですが、このデッキのエクストラは基本的には融合以外は
ほとんど使うことがないので、この辺の採用はありだと考えています。
『ブラックローズ』で吹き飛ばしてから『デストーイウルフ』でキルを狙うことも容易にできますからね。
ただ、今回は採用を見送りました。 

魔法・罠カードについて

【デストーイ関係】 
できるだけサーチ先が多くなるように、3種類採用しました。
『ファクトリー』は『融合徴兵』とも相性がよく、『融合』なしでの融合を可能とします。
墓地へ行くと『魔玩具融合』が除外されていれば、除外ゾーンから手札へ加えられます。

その『魔玩具融合』は 『ミラクルフュージョン』と同じようなカードですね。
デストーイ融合モンスターは基本的には素材が多いほど効果が強くなるので、
このカードを利用して、『シザーウルフ』『シザータイガー』などで悪いことすることになるでしょう。

『デストーイカスタム』はそこまで重要性はありませんが、通常罠の『ファーニマル』『エッジインプ』
どちらかを蘇生できるカード。
また、『マッドキマイラ』がデストーイ3体必要というのもあり、
蘇生モンスターがデストーイと扱うことができるこのカードは重要だったりもします。
『マッドキマイラ』は基本的に入りませんが、出れば楽しいですよね!

【融合徴兵】
融合モンスターを見せることで素材カードをサーチできる通常魔法。
サーチモンスターは召還系統のことはできないが融合素材にしてしまえば問題なし。
ほかのデッキでも変なカードをサーチできたりしてしまったりするので、面白みはありそうですね。

【ギャラクシー・サイクロン】
もともとは『禁じられた聖槍』だった枠ですが、永続系で厄介なカードの大幅な増加により、
腐り始めたため、このカードの採用にいたりました。
墓地効果もあるので、落とされたりしても起動できる点を評価しました。
最近、某水デッキのハンデスとかもありますからね・・・。
また『サイクロン』とは違う働きもしてくれるので、なかなかよかったりします。

【その他の罠】 

『ミラーフォース』 は『シザーウルフ』などで削れるように場を空けるためですね。
『激流葬』だと、『チェーンシープ』は戻ってきませんし・・・。
『ブレイクスルー』は特殊召還を封じてくるモンスターが主にきつい。
また『ダークロウ』なども正直嫌いなので、その辺の対策ですね。
今では、割と採用されるカードだと思います。


【主な融合モンスター】 

si-pu
まずは『チェーン・シープ
『エッジインプ・チェーン』を用いたモンスターで、『アルマデル』『マディラ』あたりに近いかな?
こいつの戦闘時に関しては恐れることはないでしょう。
または戦闘or相手によっての効果破壊であれば800攻撃力を上げ、戻ってくるため
持久力もあってかなり強く感じますね。

taiga-
シザータイガー』は優秀な除去担当ですね。
融合素材分のカード破壊効果を持っていて一気に場をあけることができます。
ただ、最近は効果無効系が多いため、注意は必要です。
また、攻撃力を底上げする効果もあり、【ファーニマル&デストーイ】の数×300アップは
自身を含めたデストーイモンスターすべてが対象になっています。
無論、『デストーイ・カスタム』とも相性がいいですよね!

uruhu

最後は『デストーイウルフ
見た目はかわいいが、1番要注意モンスターです。
打点は低めなものの、融合素材の数まで攻撃ができるという謎効果。
基本的に『シザータイガー』で除去、『シザーウルフ』で攻撃力を挙げつつフィニッシュ!
この形は以前では難しかったのですが、『魔玩具融合』のせいもあって、割と簡単に。

実際、かなり大幅な強化だったと思います。
ただ、最近の永続罠が多い環境だと、割と動きを止められることは多いので、
大会上位を狙うのはまだ厳しそうですね。
ただ、強さ的には戦えるようにはなってきたのでは?とおもいます。
大逆転の札もありますからね。

そんなこんなで、ファーニマルでしたが、おそらくこれからも新弾カードが増えると予想されるので
期待したいところですね!

それでは閲覧ありがとうございました! 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

融合徴兵で手札に加えたモンスターは「通常召喚」が出来なくなるので、セットも不可能ですよ。
永続効果やルール効果、さらにはペンデュラム効果(これはオッドアイズしかいませんが)は無効になりません。
新しく場に出せず、モンスター効果は「発動」できない
ということです。

No title

コメントありがとうございます。
セットはできないというのは、ADSで可能だったという話を聞いたのでできるのか!?と思ったのですが、案の定できないんですね・・・。 申し訳ないです。
オッドアイズサーチ先にあるのも悪くないですよね。

詳しくありがとうございます!
プロフィール

ゆら。@ヒトデの人

Author:ゆら。@ヒトデの人
ゆら。と申します!

基本的に、DD(王者型、純型)や沈黙シャドール、ファンデッキを中心に
遊技王をプレイしています。

宜しくお願いします!

twitter:https://twitter.com/RyuNra_olive

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR