新規テーマ、【イグナイト】に触れてみる

お久しぶりです!
ゆらです。

今回は新テーマ【イグナイト】について触れていこうと思います。
5645 5644

共通のところとしてはレベル3、レベル4、レベル5以上と分けて、
すべて通常モンスター/ペンデュラムであり、炎属性戦士
レベル3、レベル4、レベル5以上にそれぞれ、スケール2と7が1体ずつ存在すること。
そして、ペンデュラム効果が共通のものとなっています。
主に今回はそのペンデュラム効果について話をしていく予定です。

※今回は効果モンスターの【イグナイト】は省きます

Ⅰ ペンデュラム効果

もう片方の自分のPゾーンに「イグナイト」カードが存在する場合に発動できる。
自分のPゾーンのカードを全て破壊し、
自分のデッキ・墓地から戦士族・炎属性モンスター1体を選んで手札に加える。

 これが共通の効果となっています。
手札は消費してしまいますが、エクストラアド(?)を稼ぐことができ、 
ペンデュラム召還できれば、一気に大量展開が望めますね。

Ⅱ レスキューラットとの相性

自分のPゾーンのこのカードを除外して発動できる。
自分のエクストラデッキから表側表示の同名Pモンスター2体を手札に加える

こちらはデュエル中1回しか使えないラットのペンデュラム効果。
いうまでもなく、同名でもPゾーンに並べてサーチできる【イグナイト】とは相性はよい。

 このカードが召喚に成功したターン、
自分のエクストラデッキに表側表示のレベル5以下のPモンスターが存在する場合、
このカードをリリースして発動できる。
自分のエクストラデッキから表側表示のレベル5以下のPモンスター1体を選び、
デッキからその同名モンスター2体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、
エンドフェイズに破壊される。

こちらはモンスター効果。
【イグナイト】のペンデュラムには星6もいますが、基本的にはこの効果も使えないことはないでしょう。
ただ、デッキに同名2枚ないと使えないため、がん回しした後の2枚目は基本的にこの効果は
ほぼ無視してかまわないかと思います。
並べれるモンスターが増えた!という程度に考えるといいかと。
金満な壷』を投入する場合には、使う機会はありそうに感じますね!

一応、スケール5なので、下級ならペンデュラム召還で並べられるという保険もあります。
 
 Ⅲ サーチ効果先。

これが今回1番重要なことで、【イグナイト】以外で相性のよいカードは何か?
ということなんですよね 。
あまり種類がないとはいっても、結構多いので、いくつかピックアップしようかと思います。

① 『E・HERO ブレイズマン』 重要度:☆☆☆☆☆

候補の筆頭ですね。
『融合』をサーチでき、ペンデュラムカードは融合するとエクストラに戻るので、相性はいいです。
こいつと融合し、『ノヴァマスター』であったり、通常融合の『ワイアーム』 あたりを出すことが可能。
ちなみにHEROだと『バーストレディ』も採用候補に入ります。
相当なファンしか採用はないでしょうが。


② 『復讐の女戦士ローズ』 重要度:☆☆☆☆

効果云々は関係なく、星4のチューナーであるということ。
シンクロに関しても、ペンデュラムカードは素材になるとエクストラ行きなので
相性はいいです。
☆7、8、10、11ぐらいが選択肢ですが、これ1枚つむだけであれば
選択肢は相当絞ったほうがいいですね。
炎、戦士というところで共通したサポートを入れるのであれば、
『クリムゾン・ブレーダー』は相性がいいですね!

③ 『コマンドナイト』『超熱血球児』 重要度:☆☆☆

どちらもステータスアップを狙ったカード。
『コマンドナイト』は戦士族というゆるい縛りの全体強化カード。
また、ほかにモンスターがいると攻撃対象にされない。
まぁまぁなカードだな という感じですが、単純にステ上昇はありがたく、
上級やシンクロ、エクシーズの基準の2500に 『キャリバー』が
相打ちできるようにはなります。
もちろん『シンクロ』『エクシーズ』『融合』モンスターにも有効で、
『クリムゾンブレーダー』が3200打点、『ノヴァマス』3000打点というのは
破壊後の効果がある両カードにとっては相性は悪くないなと思いました。

超熱血球児』は自身を強化するカードですね。 
基本打点は低いですが、フィールドのこのカード以外の炎属性1体につき
1000攻撃力をあげる化け物
です。
地味にバーン効果もありますし、1挿しはぜんぜんありだなと感じました

④ 【BK】カード 重要度:☆☆☆

混ぜて組むならBKだな!というのは感じました。
正直に言えばスイッチヒッター』とペンデュラム召還が相性悪いのは事実です。
ただ、やはり『リードブロー』の耐久力&火力。
ペンデュラムに頼り切らずにも戦える動きもあるので、
サーチ効果を有効活用できるテーマ と割り切っていいかなと思います。
ペンデュラムできる状況ができれば、一気に攻めにいくといいですかね。
若干足りない火力も『リードブロー』などが補ってくれるのが大きいですね。

テーマとは混ぜたくないけど、おすすめがあれば出張させたい。
そういう方には 『BK ベイル』でしょうね。
サーチできるカードの中で、手札誘発の守りの札です。
守りが薄く感じるな・・・・ って方にはさしてもいいのでは?というカードですね。

⑤ 【ラヴァル】カード 重要度:☆☆

正直テーマとしては、相性はそうはよくないと思います。
シンクロできるという利点ぐらいしかありませんね。
構築しだいで主軸の『ラヴァル・キャノン』 を活用できるようにもできますが、
なにより『真炎の爆発』が場が多くて打ちづらいとか、
そもそもコンセプトが違いすぎるというのがありますね。

とはいえ、出張できるカードは一応あります。
ラヴァル・ランスロッド』は妥協召還でき、☆6ということで『キャリバー』と
エクシーズするのにも使えます。
面倒な『ライオウ』つぶしの1枚としても使えるので、このカードは仕事できるかと思います。

⑥ 【デュアル】関係 重要度:☆☆

ストラクチャーデッキに炎のデュアルを扱ってるものがありましたが、
このテーマとあわせることは可能かなと思いました。
まず、デュアルモンスターが通常モンスターとなるという設定。
これは【イグナイト】がほぼ通常モンスターのテーマだというところがあり
共有できるカードは少なからずあります。
『紅蓮の魔闘士』もサーチ先の1枚であり、通常モンスターとのシナジーがあるカード。
このテーマに関しては深くは考えていなかったんですが、
割と面白い構築ができるんじゃないかなとおもっています。

⑦ 『ヴァルキリーナイト』 重要度:☆

19打点のつわもの。 
戦士族が場に固まっていれば、攻撃対象はこいつになります。
『コマンドナイト』とは真逆ですね
また、墓地の戦士1体&戦闘で破壊されたこのカードを除外することで、☆5レベル5以上の
戦士を特殊召還できますが、こちらはそこまで使う機会はなさそうですね。


 ⑧『機甲忍者フレイム』 重要度:☆

☆4のモンスターながら、召還、反転召還、特殊召還時に、レベルを1上げることが可能。
エクシーズするにあたっての選択肢を増やすカードにはなりますね。
一応、特殊召還には対応しています。 
 
これ以外のところは まったく試していないのでなんともいえませんね。
『真六武のミズホ』がサーチできるであったりも『シナイ』とほか一部出張させるだとかも
ありかなともおもますが、まったく試してないのでわかりません。

Ⅳ 結論

まだカードはこれだけじゃないですし、今後の強化もあるのでわかりませんが、
現状は通常を中心に純で組むのが1番、【イグナイト】らしい動きを求めるのであれば
それが1番でしょうね。
一部の戦士関係の出張カード、相性のいい炎、戦士などを数枚混ぜるだけで
十分戦えるテーマですね。
ほかにも『王立魔法図書館』であったりも相性はいいので、構築によっては入れていいかなと思いました。
最前線で戦うには足りないものを感じますが、サポート魔法、罠が増えていくといいですね。

では、今回はこんなところで。
閲覧ありがとうございました!! 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆら。@ヒトデの人

Author:ゆら。@ヒトデの人
ゆら。と申します!

基本的に、DD(王者型、純型)や沈黙シャドール、ファンデッキを中心に
遊技王をプレイしています。

宜しくお願いします!

twitter:https://twitter.com/RyuNra_olive

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR