FC2ブログ

新禁止制限と制限後の動き

  •   05, 2016 21:31
  •  0
  •  0
どうも! ゆらです。
今回は新禁止制限とその後の動きについてです。
環境が大きく変わる大きな改訂から見ていきましょう

【禁止】

「EMモンキーボード」
「ラヴァルバル・チェイン」
「ライフチェンジャー」

【制限】
「EMドクロバット・ジョーカー」
「EMペンデュラム・マジシャン」
「クリッター」
「サウザンド・アイズ・サクリファイス」
「爆竜剣士イグニスターP」
「彼岸の悪鬼 スカラマリオン」
「彼岸の旅人 ダンテ」
「魔界発現世行きデスガイド」
「竜剣士ラスターP」
「緊急テレポート」
「真帝王領域」
「汎神の帝王」
「ペンデュラム・コール」
「マスク・チェンジ・セカンド」
「名推理」
「モンスターゲート」
「揺れる眼差し」
「竜呼相打つ」

【準制限】
「超再生能力」

【制限解除】
「グローアップ・バルブ」
「クリバンデット」
「D-HERO ディアボリックガイ」
「水精鱗-ディニクアビス」
「精神操作」
「月の書」
「封印の黄金櫃」
「闇の誘惑」
「竜の霊廟」
「死のデッキ破壊ウイルス」


では、前回の環境別にみていきたいと思います。

EM竜剣士

EM側の核である『モンキーボード』禁止、『ドクロバット』『ペンデュラムマジシャン』制限となりました。
竜剣士もアドバンテージの塊である『竜呼相打つ』やPゾーン開けつつ同名サーチができる『ラスターP』が制限。
正直、よくやったといっていい内容でしょう。
基本的に1枚でスケールをそろえるカードは、基本的に現状まずいと思うのです。
墓地と違って、エクストラにもいったモンスターは何度でもよみがえるという鬼畜システムがすべての原因なんですが。
今後、この辺がルール変更されないと その辺の規制がかかっているカードは戻ってこないでしょうかね。

『揺れるまなざし』も対ペンデュラムでの戦いだと、打ったもん勝ちみたいなところもあったので、
制限まで落ちてよかったな と思いました。

彼岸

海外の規制より厳しくかけてきましたね。
核となる『ダンテ』、1枚でランク3が出せる『デスガイド』、それをサーチでき、
彼岸モンスターもサーチ対象にできる『スカラマリオン

もともと1枚でランク3がたてられること事態、なかなかまずいカードだったのは、来日時にわかっていたこと。
ただ、ランク3はあまり充実していなかったのもありスルーされていたのかな?と思いますが、『ダンテ』の登場、
サーチできる『スカラマリオン』の登場
もあり、規制となりました。

デスガイド』は【デーモン】【バグマン】【ラビエル(アーミタイル含む)】などのデッキでも使用していたので、
そういう意味では打撃が大きいです・・・・。
ただ、規制されて当たり前とも思えるので、特に異論はなしです。

これほど規制をかけても、現状まだ生き残っているので、相当やばかったのがうかがえます。
狂っていたEM竜剣士をP召喚なしのこのデッキで入賞できていたのも納得ですね。 

『マスクチェンジ・セカンド』も割と悪用されていたので、かかってもいいんじゃないかなと思いました。

】 

汎神』は墓地効果と合わせると一気にアドが取れていたので納得の結果。
『領域』はどうなんでしょうね。
個人的にはいい規制だとは思いましたが、エクストラ0帝ってのもなかなか面白かったので、半々です。
実際、割らないと何もできない
そういう、拘束力の強いカードは個人的には、ある程度の規制はかけてほしいので、その点の評価は高いですね。

『緊急テレポート』が【超量】と合わせた型が流行ったので、そこに合わせての制限ということですかね。
今後、【KOZMO】が来るのも見越してかもしれません。
個人的には、こういう汎用カードの制限化に関してはあまり評価は高くありません。
せめて、準制限にでもしてほしかったです。
こういう汎用系のカードをいきなり規制してしまうと、ファンデッキをはじめ、いろんなデッキが被害を受けてしまいます。
ネクロスの時の『マンジュ』『センジュ』がいい例ですね。

今回は【霊獣】【サイキック】系のデッキが一気に動かしにくくなってきてます。
今後、若干の縛りが強くとも、こういう規制が来たのちには、代用となるカードを作っていただきたいです。
 
『ライフチェンジャー』は個人的に『エクスプロージョン』禁止にぶち込めばいいじゃん と思っていたのですが
3000にするっていうのも、なかなかひどいこと書いてますね。
ただ、まだ構築次第では安定性は落ちるもののエクスプロージョンでまだ悪さできるみたいなので、
これでよかったのか?と思っています。


インフェルノイド

『推理』『ゲート』が死んでしまい、一気に速度が落ちました。
現状、初手で動く場合は【ライトロード】を混ぜるのが1番でしょうかね。
自分は『煉獄』カードを混ぜていますが、 『殻醒』『遡洸』あたりでは遅いうえ、『ツインツイスター』のいい的です。
登場時は『推理』だけは生きていたので、どちらかだけでも帰ってくることを願っています。

推理は【KOZMO】にも入れれるようなので、若干解除は怖いかもですね。。。

魔術師

『竜剣士』が死んだあとは、『魔術師』と混ぜて・・・。って思ってた人は多かったと思います。
先ほど言った通り『Pコール』も1枚でスケールをそろえられるカードなうえ、破壊耐性までつけてきます。
なぜこのタイミング!? とも思われると思いますが、個人的にはよくやったという感想です。
 
海皇

『ディニク』の解禁ですが、個人的にほとんど触れないテーマなので、地味な解禁だなとしか思いませんでした。
割と3積み必須でもない気がするので、この辺は人によってはうれしい解除なのかなと。


【その他の緩和組】

『クリッター』・・・エラッタでの復帰ならいいなと思っていたのですが、なかなか強い縛りがついてきましたね。
          現状結構入るデッキが限られると思います。 
          最近のデッキは、サーチだったり、リクルートが簡単にできちゃいますからね。。。 

『サウサク』・・・エラッタ復帰だと思っていたのですが、まさかのそのまま復帰。
          「上記の融合素材でのみ融合召喚できる」の1文を予想していたのですが・・・。
          エクストラに枠があれば入れたい簡易融合枠ですね。
『霊廟』   ・・・流行りの青眼だったりがまた強化されたのではないかと。
          『ライパル』などを入れた【ドラゴン入りジャンド】の核の1枚だったので、また使ってみたいですね!

『ディアボリック』・・・ Arc-Vのほうでエドが出演するので、D-HERO登場を予感させる緩和ですね。
             ランク6を出す手段としては申し分のない効果なので、今後一気に高騰しそうなカードです。

『バルブ』  ・・・前回、こいつが悪さしたせいもあって『ナチュルビースト』だったりが簡単に出ていたので、禁止かと思いきや
          全くの逆の解除! 驚きました。
          実際、1枚も3枚も変わらないと思うので、その点に関しては特に意見はありません。
          また悪さをするようになれば、牢獄いきでしょうけどね。。


まぁ、そのほかいろいろありますが、 大体こんなところかなと思います。

大きく環境が変わり、いろんなデッキが活躍できる環境になると思うので、期待は大きいです。

それでは、 閲覧ありがとうございました!
 
関連記事

0 Comment

Post a comment