あの高騰カードは今・・・。【精霊の鏡編】

  •   02, 2018 13:00
  •  0
本日から不定期で新コーナーを始めようと思います。

その名も

「あの高騰カードは今・・・。」です!

どっかで聞いたことがあるとか言わないで下さいね(´;ω;`)
コーナーといってもいつも通りの進行になります。
では、お題からまいります!


~本日のお題~
精霊の鏡とは?  

精霊の鏡とは?

精霊の鏡ってどんなカード?



プレイヤー1人を対象とする魔法の効果を

別のプレイヤーに移し替える。


まさかの1行!!
シンプル・イズ・ベストとはよく言ったものです。

要するに、相手の魔法効果をパクるというもの。

にしても、表記の仕方が面白いですね。
別のプレーヤーって。
タッグ戦やハンディキャップマッチなんかも
元々は流行らせる気でいたのでしょうか?

初代では、迷宮兄弟とのデュエルや
遊戯と海馬のムネアツタッグなんかもあったので
一概に否定はできそうにないです。


~関連おすすめカード~


目次にもどる
<

>■おもな高騰時期について


魔導征竜時代




征竜】が最盛期のころ、

魔導書】の『神判』入りの魔導が、

征竜に対抗する形になり、2強

(細かく言えば、上級対策のヴェルズを含む3強)

の環境になっていました。

そのころ、サイドインされ、注目されたのが、
精霊の鏡ですね。

このカードのメリットとして、
1強に近い環境であれば、
相手の魔法をコピーし、
自身の展開の補助として使用できます。

中でもドローソースの跳ね返しは大きいです。
<七星の宝刀>


「七星の宝刀」は1ターンに1枚しか発動できない。

 (1):手札または自分フィールドの表側表示モンスターの中から、

レベル7のモンスター1体を除外して発動できる。 

自分はデッキから2枚ドローする。


ミラーマッチでは、よく見られる光景で、
2ドローを丸パクリする場面が見られました。

~関連おすすめカード~


➡『強欲で貪欲な壺』の流行



強欲で貪欲なツボ>

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

 (1):自分のデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外して発動できる。 

自分はデッキから2枚ドローする。


大幅な除外をコストに
2ドローをもらえるカードが登場しました。
この時期には、『トレードイン』や『闇の誘惑』なども
使用されるデッキがいくつか存在していたようなので、
合わせてそのカウンターとしても狙えていましたね。

~関連おすすめカード~


➡高騰時期をグラフで振り返る!


88d8dc56775aa15b74e595cdc7d595dd.png
 
2010年から現在までのグラフになります。

平均価格が一気に跳ね上がったのは、
おそらく王デッキの活躍ですね。
『汎神の王』のコピーなどで使用されたかと思われます。
その後、青眼の『トレイン』『調和の宝札』の投入もあって、
価格は持続します。
そして最安価格までもが一気に跳ね上がっている2016年7月は、
強欲で貪欲な壺』の採用率の上昇
裏にあると私は考えます。

現在は、価格も横ばいになっていますが、
残念ながら再録されることがないので、
一気に下落するということが
現状ありませんね。

ぶっ壊れによる環境一強化になれば、
改めての採用が考えられるかもしれません。

目次にもどる

精霊の鏡の強みとは?


➡ドローソース丸パクリ!


軽く触れたように、
ドローソースの効果を得ることができるのは、
かなりの強みといえるでしょう。

相手ターンにドローができれば、
手札誘発を引き込めたりする
旨みも増します。

勿論、効果を得るので、
コストは、相手負担になるため
かなりお得な使い道となるはずです。

➡『命削り』はプレーヤー対象にならない!



このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、

このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。

 (1):自分は手札が3枚になるようにデッキからドローする。 

このカードの発動後、ターン終了時まで

相手が受ける全てのダメージは0になる。 

このターンのエンドフェイズに、

自分の手札を全て墓地へ送る。


このカードの欠点として、
ドロー効果以外に相手が受けるダメージがゼロになる
という効果があります。
この一文が、お互いのプレーヤーに干渉する魔法という
扱いを受けて、発動できない裁定が出ています。

このようなドローカードがいくつかあるため、
現在は、採用が見送られやすくなっている背景があります。

~関連おすすめカード~



 

目次にもどる

■まとめ


意外と使い道あるんじゃないのか?と思った方も多いかと思います。
相手依存になるので、環境をよく読んだうえで
使っていた抱けたらと思います。

そんな精霊の鏡ですが、

初代遊戯王がやっていたころ、
シール販売があったのはご存知でしょうか?

そのシールがこちら!!

514pLn6tfUa_SX355_.jpg 

なんつー破壊力!!

眼福、眼福。

ではでは!!

ランキング参加中!
是非クリックをお願いします!

人気ブログランキング




目次にもどる
関連記事

Tag:遊戯王 精霊の鏡 征竜 魔導 強欲で貪欲 命削り OCG

0 Comment

Post a comment