新年からの新制限改訂予想!コナミはどう動く!?

どうも!ゆらです。

今回は、そろそろ情報が出回りだすころあいだと思ったので、
制限改定予想でもやっていこうと思います。

分かりやすくテーマ別に規制候補を立てていこうと思います。

では早速行きましょう!!

【 十二獣】

 card100041229_1 card100041199_1

規制候補筆頭といってもいいでしょう。
コナミは出てすぐのテーマは規制をかけないという暗黙のルールのような
ものはありますが、さすがに暴れすぎです。

・規制候補

『十二獣の開局』(無→制限、禁止)

召喚権を使わずにフル展開できる。破壊対象は自身も可能。
召喚権を残して『モルモラット』展開できてしまいます。
どんなデッキにでも十二獣が採用される最大の原因の1つ。
コンボパーツとしても異常すぎる効力を発揮し、これ1枚で
悪質なコンボが完成してしまいます。
制限、禁止レベルかと考えます。

『十二獣モルモラット』(無→準制限、制限)

これ1枚で『ドランシア』+ランク4エクシーズが並びます。
アドバンテージとは?と考えてしまう程のパワーカードです。 
正直、準制限にしたところで動けちゃうんですよね。
ただ、とりあえず様子見という形で準制限からかなとは思います。
それだけでも、出張するデッキも減るのではないでしょうかね。

『十二獣ブルホーン』(無→制限)


レベル4モンスター2体で簡単で出せてしまうエクシーズ。
それだけなら問題ではないですが、間に十二獣を挟めば、
ブルホーンのサーチが2回行える上、
ドランシアに繋げ、相手ターン干渉もできるようになります。
流石に2回のサーチが行えるのはよろしくないので、
制限がちょうどよいのではないでしょうか。 

『炎舞ー天キ』(無→準制限、制限)

十二獣パーツをスルーして『天キ』を規制するというのも
コナミだったらあり得るかなと思いました。
正直、炎星全くいないのにかかるという可哀そうではありますが、
最近関係ないデッキが風評被害にあうことも多いですからね。
かけるならがっつり制限までかけるでしょうが、
十二獣パーツをかけてほしい所ですね。

『SRベイゴマックス』(無→制限)

召喚権を使わずランク3エクシーズやシンクロまでつなげることもできる害悪です。
根本であるランク3を禁止にするという手もありますが、
このカードを制限まで落としてしまえば問題なく感じます。
とはいえ、次の捕食植物に似たようなカードが出てくるので、
ランク3が規制されないという確証はありませんが・・・。
特に悪さをしているのは『インヴォーカー』『ゼンマイティ』『トーテム』あたりでしょう。
とはいえ、エクシーズが規制されるケースはほぼないと考えていいでしょうね。

【壊獣】

 card100040125_1

壊獣の出張率の高さもかなり目立ちますね。
大幅にかけてくるならあり得ると思います。

・規制候補

『妨げられた壊獣の眠り』(無→制限)

場のモンスターの一掃+場に2体の壊獣を並べることができるカード。
特殊召喚の規制ができるカード、『虚無魔人』や『結界像』をはじめ、
『神の警告』などで対応できるデメリットはありますが、
基本的には『ブラックホール』よりも 有効な返し札として使用できます。

また使用後、ターンが戻れば壊獣のサーチまでできてしまいます。
先行制圧環境の対抗策としては、かなりいい返し札ではありますが、
正直やりすぎ感も否めません。

【ガエルバジェ】

 card100038086_1

十二獣の陰には隠れてはいますが、強さは十分。
『餅カエル』が悪さをしているのが見て取れます。

・規制候補


『餅カエル』(無→制限)

水族レベル2モンスター2体だけで『クェイサー』以上の強さを持つカードが出てしまう。
それだけでやりすぎ感があるというのはお判りでしょう。

スタンバイフェイズに『魔知ガエル』で攻撃の抑止、
水族をリリースしてモンスター効果、魔法、罠を無効にして破壊し、
その後セットできるという害悪効果を持っています。
また、墓地へ行けば、墓地の水族モンスターを手札に加えられるので
『ガメシエル』の使いまわしや『餅カエル』の再利用などなど
悪いことがなんぼでもできてしまいます。

無効にする効果は名称指定効果でもなく、2体並べても意味がある
本当にダメな奴だと感じます。
制限が妥当でしょう。

【インフェルノイド】

card100020256_1

 最近は60枚、『十二獣』が混ざっているものも多いようですね。
『芝刈り』の収録から一気に力をつけたテーマです。

・規制候補

『モンスターゲート』(準制限→制限)

準制限に戻したカードではありますが、再び制限に戻すのが妥当かなと。
かといって芝刈りを規制するのはどうかなとも思います。
ライトロードでも採用されていたりもしますが、まだ様子見のカードでしょう。

これ1枚ではパワーダウンもあまり見込めないですが、
とはいえ、かけるカードも難しいのがこのテーマなんですよね。
サーチでもある『煉獄の消華』あたりも可能性としてはあるのでしょうか。
コナミがどうするか見ものです。

【ABC】

card100037081_1card100037274_1

前環境トップのテーマです。
コナミは1つ前の環境のテーマの規制を行うことが多いので
規制されるテーマとして最有力候補となるでしょう。

・規制候補

『ユニオン格納庫』(無→制限)

サーチ効果、装備効果共に1ターン目からの展開の安定度を
向上させている根本のカードとして挙げられるのがこのカードでしょう。
テラフォーミングをかける可能性もありますが、
新規テーマのフィールド魔法のサーチにもかかわるので
格納庫のほうがかかるでしょう。

『ABCドラゴンバスター』(無→制限)

解体効果を使用後、ランク4エクシーズを2体出し、
バックの除去やモンスターの除去を済ませたのち、
再度ABCを出す流れが何度もできてしまうので、
その流れを断ち切るためにも、制限が妥当かと思います。

『B-バスタードレイク』(無→制限、準制限)

あくまで可能性の問題ですが、サーチ効果を持っているため
規制候補としては上げておきます。
他の規制に加えて準、ほかをスルーして制限なんてことは
コナミならやりかねないと思った次第です。
可能性としては低めでしょうね。

『チキンレース』(無→制限)

コンボパーツとして使いやすいドロー効果もちのフィールド魔法です。
海外では牢獄行きになったカードですね。
最近の採用率からみれば怪しいですが、可能性がないとは言い切れないです。

【メタルフォーゼ】

card100038221_1

基本的にいろんなテーマに混ぜているので、基本的に混ぜているテーマを規制するのが
よいのではないでしょうか。
先ほど触れた【十二獣】を混ぜたものが現状おおいので、まずそこは外せませんね。
とはいえ、メタル自体をかけるのは難しいですね。
かけるのであればP効果を使いにくくさせるために
魔法、罠を規制するのが望ましいでしょう。
現状かけてくるかといえば、怪しいですが・・・。

【KOZMO】

card100040215_1

KOZMOも最近ではめっきり見なくなりましたね。
基本的十二獣が混ざっているものがたまに入賞していたりはしますが、
規制は入るのでしょうか?

・規制候補

『KOZMOーダークシミター』(無→準制限)

海外では規制がかかっているカードですね。
相手ターンに干渉できる破壊にもなりますし、自分の上級を破壊して
展開につなぐなど応用もききます。

『KOZMO-フェルブラン』(無→準制限)

KOZMOの核のカードといって差し支えないでしょう。
『リビングデッド』『竜魂の幻泉』などもありますし、あまり無駄のない効果とも思います。
手札に加わったカードはフェルブランと入れ替えて出してしまえばいいでしょう。

【DD】


card100026197_1

既に『スワラル』『ラミア』の規制でかなり安定性は落ちています。
ただ、それでもP軸などがたまに大会にいるようですね。

・規制候補

『地獄門の契約書』(無→準制限)
『DD魔導賢者ケプラー』(無→準制限)
『DDD烈火王テムジン』(無→制限)


かかるとしたらこのあたりでしょうか。
『常闇の契約書』がくるのもありますし、
かなり安定性は現状で落ちているので
そもそも必要性はないかなと思います。
あるとすれば、このあたりかなと思います。

【堕天使】


card100039041_1

大型がなんぼでも出てくる堕天使デッキも
序盤でちょろちょろ見かけたデッキテーマですね。

・規制候補

『闇の誘惑』(無→準制限)

安定性を下げるという意味もあって規制がかかる可能性はあります。
勿論、ほかの闇テーマの速度低下にも貢献できるので
可能性としてはあるかなと思っています。

『強欲で貪欲な壺』(無→制限)

他のテーマにも入るカードですが、堕天使の項目で。
正直、準制限にしてもほとんど意味をなさないと思うので、
かけるのであれば制限かなという読みです。
コストは重いかもしれませんが、結局1枚増えるので
可能性としては低いとは言い切れません。

『大天使クリスティア』『虚無魔人』(無→準制限、制限)


これらのカードが立つだけでほぼ負けが確定することも
しばしばあるのではないでしょうか。
勿論、処理する札を採用していないから悪いといえばそうですが、
それにしても芸がなさすぎるかなと。
可能性は低いかもしれませんが、一応候補としてあげておきます。

【アーティファクト】


card100016126_1

 最近では出張されまくっているテーマの1つです。
『モラルタ』が準制限に戻ったのもあり、
環境の対策にもなるテーマとして注目されています。

・規制候補

『アーティファクトの神智』(無→準制限)


デッキから簡単にアーティファクトを呼ぶことができてしまいます。
かけるとしたらここでしょうか。
若干メタ要素が強い気もするので、可能性がゼロということはないかと思います。



他にもHEROの『バハムートシャーク』などもありますが、
だいたいこんなところでしょうか。

個人的に今期の害悪カードとして特に注目していたのは、
『開局(モルモ)』『妨げられた壊獣の眠り』『次元障壁』の3枚です。
 
前二つは、説明したとおりです。
『次元障壁』に関しては、個人的には『虚無空間』より面倒だと感じています。
というのもフリーチェーンで打てる通常罠だというところが目に付くのです。

伏せておけば、チェーンで破壊されに限りは、相手の動きをある程度制限できます。
圧倒的に有利に働くのは目に見えています。
加えて、宣言したカードの種類の効果を無効にもできます。
正直早めに規制をかけるべきカードだと思います。
 



長くなりましたが、次の禁止制限についてのお話でした。

今週中、遅くとも来週にはフラゲが来るでしょう。

毎度言っているのですが、正直、個人的にはですが
新規カードをスルーするという風習をやめていただきたいですね。
前環境のTOPを規制したところで、今の環境との差が開くだけです。
それではまったく意味はない。

新規テーマの壊れっぷりも異常ですが、
規制するタイミングも考え直していただきたいです。

売上云々もあるとは思いますが、
こんなことが続くのであれば、ユーザーが離れる一方だと思いますし。


と、ぶつぶつ言っても仕方ありませんね。

ともあれ、今回は少し期待して待っていようと思います。

ではでは!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆら。@ヒトデの人

Author:ゆら。@ヒトデの人
ゆら。と申します!

基本的に、DD(王者型、純型)や沈黙シャドール、ファンデッキを中心に
遊技王をプレイしています。

宜しくお願いします!

twitter:https://twitter.com/RyuNra_olive

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR