D型マドルチェ ~盗んだ車は乗り捨てて~

どうも ゆらです!

今回は対戦で使っているD型マドルチェを紹介します。

aramo

おそらく、過去のスタンダード軸に近い形なのかな?と思います。
罠で守りながら闘うシンプルな形ですね。

早速デッキレシピからです!

dorutye

では、1枚ずつ簡単に触れていきましょう。

Ⅰ モンスター

IMG_2508

ミルフィーヤ
マドルチェの『ブリキンギョ』系展開効果要因
これと『エンジェリー』1枚で【ティアラミス】のバウンスまでつながるパーツの1枚。
効果無効系には注意

ホーットケーキ
墓地のモンスターを除外して、デッキからモンスターを特殊召還する効果を持つモンスター。
[マドルチェ]の指定はないため、『カードカーD』『ヴェーラー』などを除外でも可。
『エンジェリー』のリリースと好相性。

エンジェリー
1枚で『ホーットケーキ』&『ジェラート』+『シャトー』or『チケット』を並べることができる強カード。
☆3をもう1体並べると、『リヴァイエール』&『ティアラミス』が立つことになります。
リリースして出したモンスターは戦闘破壊耐性がつくのもおいしいところ!

メッセンジェラート
『インヴォーカー』から出せるモンスターであり、『ミリフィーヤ』『ケーキ』の効果で並べて
サーチというのが主な流れ。
もちろん、『ハッピーフェスタ』とも好相性!

マジョレーヌ
通常召還のみ反応のサーチ屋さん。
序盤はこのカードでサーチしながら動きたいので複数枚つみたいですが、
中盤以降、割と引いてもいらない状況が多かったりだとかもありますし、
『カードカーD』とあわせて、召還権を消費しなければいけないのを考慮し、この枚数に。
『ジェラート』が尽きたとき、『チケット』から出せる☆4という割り切りもわりとしてます。
特殊召還反応してくれたら結構強かった・・・・。

【カードカーD】
 通称:乗り捨て車、廃車などなど。
罠が多めですしスローペースで動くデッキなので、パーツ集めにはもってこい。
もちろん、序盤に墓地に送っておくと、『ケーキ』効果の補助にもなります。

【ヴェーラー】
効果をとめるカードとしての採用。
こちらも『ケーキ』効果と相性がいいです。
『幽鬼ウサギ』でもいいのですが、今回は【緊テレ型】ではないので不採用。
罠であったりの枠を削ればいいのですが、今回は流しました。
何より現状高いですからね。。。

ミミミック
相手の場にモンスターがいてかつ、自分の場に☆3がいるときに出せる☆3モンスター。
『ミルフィーヤ』を引き込めない場合でも、動けるカードの1枚として採用しました。
キルルートの増加にもつながりましたし、『ミルフィーヤ』や『ケーキ』がとめられた場合
に特殊召還して『ランク3』 で場をつないだりも可能です。
安価で手に入るカードにしては、十分役に立ってくれています。

その他のカード

幽鬼ウサギ
上記どおり。
今回は流したというだけで、妨害札&展開要因の2つを担ってくれるため
採用候補に普通に入りますが、今回は不採用。

シグナルレッド
守りの札としても使えますし、残れば次の展開にも使えます。
『カードカーD』で引き込むと強いですね。
採用候補上位のモンスターです。

【TG】
ワーウルフ』が『ストライカー』などでサーチできるので、この型は安定するんですが、
自分は、この型にしてしまうとシンクロを入れるので、エクシーズするとき
あれがあれば・・・・って展開も多かったのが大きく響いてます。
強いのはわかってるんですけどね。。。
自分には合いませんでした。

Ⅱ 魔法カード

IMG_2509
 

シャトー
場のマドルチェが相手によって破壊さえされれば、手札に戻る。
耐久力かつ、次の展開要因をデッキを解さずリカバリーもできるカード。
『ティアラミス』効果から『ミルフィーヤ』『エンジェリー』を何度も使いまわしできるのは強いです。

チケット
手札やらデッキやらにマドルチェが戻った時にマドルチェモンスターをサーチできるカード。
マドルチェモンスターの自身のデッキに戻る効果、『シャトー』の手札に戻る効果が発動した時に
連動して発動するカードとなります。
パーツ集めの1枚ですが、張ってるのわかっててわざわざサーチされには殴ってくれませんね。。
また、天使マドルチェがいれば、サーチをデッキからの特殊召還に変更できます。
火力の足し、『メッセンジェラート』の効果起動などに役立つでしょう。
この効果のおかげで、キルのルートも増えるのも事実です。

簡易融合
もちろん簡易ノーデン
一見相性はよくなさそうですが、『エンジェリー』をリリース後、ランク4立てたり、
ジェラート効果起動にも一役買ってくれたりだとか。
なにより、『ミルフィーヤ』とめられた後の最低限リカバリーやキルルートの増加ですね。
この型は1キルルートは少ないですが、最低限必要性はあると感じたので。

【ブラックホール】
自分の場を巻き込む除去は[マドルチェ]においては、あまり相性はよくないのですが、
特殊召還封じ(『リリーサー』込儀式など)、除外持ち(『ダークロウ』など)、
その他の制圧系の処理(『インフィニティ』『ショックルーラー』など)を対処するための札です。
無効にされる全体で使わせる名目でも、使うことは多々あり、抜きたくても抜けない状況ですね。

【サイクロン】【羽根箒】
安定したバック割り。

【禁じられた聖槍】
『ラミス』などの処理から守ります。
『ブレイクスルー』もはやっているので、これを使い切り抜ける場面も多々ありますね。

Ⅲ 罠カード

IMG_2510
 
ハッピーフェスタ】 
手札のマドルチェを大量展開できるカード。
『ミルフィーヤ』をとめられたときのリカバリー、『ジェラート』の効果起動などにも使えます。
相手ターンに使えるため、『シャトー』とあわせて、実質ほぼノーコストの守りの札としても使えます。

【激流葬】
あまり入れたくないのは『ブラホ』と同じですが、『ミラフォ』だと遅いため採用。
『ケーキ』の効果補助でうってしまうこともしばしば。 

【ミラーフォース】
自分の場に被害を受けない大量除去。
タイミングが遅いので、枚数を減らしてもいいかなと思うことは割とありますが、
現状はがん積みです。

【神の宣告】
『ラミス』を安定して出せるように1枚さし。
『トラップスタン』『七つ道具』あたりも合わせて入れてもいいかもしれませんが、
キルに特化していないため、今回は不採用。
使いどころは違いますが、『大革命返し』なんかもバックを固めるタイプなの圏内です。

【強制脱出装置】
チケット』とも相性がいいので、攻めの札としても最悪使うことは可能です。
もちろんフリーチェーンでうてるバウンスは強いです。

【その他の罠】 
【ブレイクスルー】に枠は現状の環境だと、腐るデッキも割りと少ないかなと思いますし、
制圧系のカードはとめて動きたいですから、重要な役割を果たしてくれます。
同じく面倒なカードを対象とって除去できる【破壊輪】も『脱出装置』と合わせて採用。 

【警告】に関してはカウンター罠ゆえの強さを評価し採用。
使いにくいデッキも増えてますが、抜きにくいです。。。

Ⅳ エクストラ必須カード

【ティアラミス】
マドルチェにのみ許された秘密兵器ですね
デッキバウンス、しかも2枚とかやばすぎます。。。。

【リヴァイエール】
『ケーキ』で除外したモンスターを特殊召還します。
基本は『エンジェリー』がもっとも特殊召還する状況が多いでしょうが。

【インヴォーカー】
『ジェラート』を特殊召還することができるランク3モンスター。
こちらは除外ゾーンを解さなくてもいいため、状況によっての使い分けですね。

【ノーデン】
簡易での特殊召還先です。

【アラモード】
必須ではないものの、シャトー下では3000打点あり、マドルチェカードを戻せるカードなので
できるだけ採用はしておきたいかなと思いますね。


長々と書きましたがこんな感じです。

マドルチェに関しては他にもいろいろ試してるので、構築が大きく変わればまたアップすると思います。

コンボについても需要があれば書こうかなと思います。

では、長々と閲覧ありがとうございました!

 
スポンサーサイト

最近の対戦レポ

どうも ゆらです!

皆さん最近、遊戯王していますか? 
僕はあまりできていません。←
時間があるときは基本、ADSであったり、Skype で対戦してる程度です。

というのも、最近近場のショップ(デュエルスペース無しも込みで)が激減しているんですよね。
あのころの初優勝したあのショップ・・・とか 
征竜魔導環境下で【カオドラ忍者】で優勝したあのショップ ・・・とか
もう・・・・ないんですよ。。。。(正式には遊戯王スペースが消えた)
それに乗じてか、環境か近場でやっていた子達がみんな辞めてしまいまして
悲しいですね。
ちなみに、自分も【セプスロ】の時代は抜けていたんですけどねw

環境に関しては、もう言いたいことは多すぎます。
もう、昔のような殴り合いのデュエルはなくなってしまったんだなぁと常々痛感しておりまして、
ADSなどでファンデッキ、ネタデッキ同士での対戦がすごく楽しい最近です。


というわけで、最近のリアルでのデュエルの激減になっているカバーとして、
最近はPCでのデュエルが日常化しています。

とはいえ、やっぱり手持ちのカードを動かすほう個人的には楽しいので
Skypeでの対戦が多いです。
「ヒカルの碁」の搭矢名人の「ネット碁より石を触って指したい」みたいなやつです。
(わかる人はわかるはず!世代が・・・・)

さて、最近は【マドルチェ】強化月間のため、マドルチェの対戦のみです。
レシピは次の記事としてアップするので興味のある方はお待ちください。

 では、軽い対戦レポでも書いていこうと思います。

【D型マドルチェ(ゆら)】○○ VS 【RR】×× 
               

第1戦

先行をもらい、『マジョレーヌ』を召還し、『エンジェリー』をサーチ後2伏せエンド。

相手に『バニシング』→『トリビュート』→『ミミクリー』効果→『ネスト』サーチ&発動と動かれる。
『バニシング』つぶすべきだったのは明らかなのですが、流してしまい、『フォーストリクス』 で『破壊輪』
ここで『RUM-レヴォリューションフォース』で回避される。

『マジョレーヌ』は除去され、伏せ1枚
ここで『サイク』を引き『ゴトバ』除去。
『エンジェリー』→『ケーキ』→『ジェラート』→『シャトー』サーチの基本的な流れ
さらに『ミミミック』を特殊召還して『リヴァイエール』&『ラミス』を並べて、
デッキバウンス2枚でダメージを奪う。
1枚伏せてエンドし、相手は『バニシング』の出したところに『脱出装置』
 このまま、殴り勝ち。

第2戦
相手 モンスターセット&2伏せ
『ミルフィーヤ』から『ジェラート』 から動くも、『インペイル』リリースから『ゴトバ』で除去。
セット2枚でエンド。
『バニシング』召還を『神の警告』でとめて動かさせない。
ターンかえって『シャトー』発動→『エンジェリー』→『ケーキ』→『ジェラート』→
『フェスタ』発動 →『ジェラート』
を出す。
『チケット』『シャトー』ハンドに加えて、『チケット』起動。
 ダメージを奪い、『ガンマン』効果でエンド
次ターン特に何もなく、そのまま勝ち。

結果:
【RR】との対戦はあまりなかったので、勉強させてもらいました。 
後続がどんどん出るのは【BF】と同じで、早めの除去が大切ですね。
サーチが多く、動けさえすれば安定するテーマだな改めてと実感しました。
そして『ゴトバ』はやっぱり強い。。。。

【D型マドルチェ】○×○ VS 【炎王】×○×

第1戦
先行もらい3伏せエンド。
2ターンぐらい『ヘルドック』ビートを食らう
(『ミラフォ』あったんですが、温存でした)

『ヤクシャ』表れ、『チェイン』に『脱出装置』でお帰り願いました。

場が開いたの状況で『エンジェリー』を引けて一気にテンプレ展開
『ケーキ』『ジェラート』で4000削りエンド。

さすがにこれで終わるわけもなく、『急襲』で『ガルドニクス』、『爆発』から2体蘇生。
『☆3ガルドニクス』召還と一気に展開される。
『アークナイト』で『ジェラート』ぱ繰られ、総攻撃。
『ガルドニクス』自爆特攻に『ミラーフォース』
(間違いなくプレミです。『バロン』出た後でよかった。)

ターン返り、『ガルドニクス』で場が破壊され、おかげで『ケーキ』が戻り、『ミルフィ』もサーチ。
『ミルフィ』『ケーキ』を並べ、『ジェラート』除外で『ジェラート』特殊。
『リヴァ』『ラミス』で『ガルドニクス』をデッキに戻し、総攻撃。
そのまま勝ちまでもって行きました。

第2戦
これぞ爆発ゲー
完全に『激流』を打つタイミングを間違えた、というより『爆発』があるデッキというのを
頭なかったため、ライフ余裕があったにもかかわらず。場を空けたせいで即死。。。
『ガガガザムライ』が輝いていました。

第3戦
先ほどとは一点、ドローゴーが続く両者。
『カーD』でアドを稼ぎつつ、バックを固め、お互い召還は罠で防いでいく。
こちらのターンで『羽根箒』を引け動こうとするも『宣告』
とはいえ動くしかないので、『ミルフィ』『エンジェリー』から動く。バックに2枚が怖かったものの、
『ラミス』を出すことに成功。バックも2枚はがし、ダメージを削る。
『急襲』を打ってくるも『脱出装置』で回避し、そのまま勝ち。

結果:
1戦目のプレミが若干尾をひいた感がありました。
とはいえ、動くために墓地にモンスターが必要だったので、『ジェラート』の返還、
また、『アークナイト』をバウンスではなく除去したかったため、『ガルドニクス』の除去が必須だったので
最低限のノルマはこなせていたんですけどね・・・。
プレミは大会中だと結構尾を引いてしまうタイプの人間なので、できるだけ減らすよう日々がんばります。

【D型マドルチェ】○×× VS 【インフェルノイド】×○○

第1戦
相手セット終了
こちらに回って伏せ終了。
あいて動かず終了。
こっちは『シャトー』発動『アラモード』『リヴァ』『サムライ』を並べて1キル。

第2戦
真逆の展開。
『カーD』でドロー後のターン、一気に動かれる。
『エンジェリー』引くものの、DDクロウ効果があるため、お手上げ・・・・。

第3戦
なつかしの動き『推理ゲート』復活。
3枚3枚っておかしくないですか??え???
残り相手デッキ8枚。
ね・・・・ねばれば・・・・・(震え声)
無理ですね。 『リリス』さんに吹っ飛ばされました・・・

結果
サイドありきでやって、引けるものさえくれば対処できないことはないと思いますが、
どちらにしても結果的にだいぶつらいことには変わりないでしょうね。
正直、すっごくやりづらい。除外もリリースしての発動なので、とめれないんですよね。
ノイドは今後増えそうなので、もっと勉強しないとですね。。。
対策カードも何が相性よいのかとかもしっかり考えて。


てなわけで、3戦をお届けしました。
今後の課題も最近のデュエルで見えてきているので、その辺も次回触れましょう 
では、閲覧ありがとうございます。 

ペンデュラム入り! 音響ガジェット

お久しぶりです! 
忙しく、最近更新できておりませんでした・・・・。
若干、時間ができる感じなので、数個記事をアップする予定です。

まずは この【音響ガジェ】 ですが、
最近ADSで実際に楽しんで使っている感じです。

gaje


いまさら感がアレなガジェットですが、理想な動きができれば
結構がんばってくれたりしますよ!



それでは、まずレシピから

 gaje

では、各カードの軽い採用理由など。

マシンナーズ

やはり、フォートレス』の突破力がほしく感じたことが多かったので、1枚ずつの採用。
『ギアフレーム』の効果はペンデュラムからでは使えないので注意ですね。

カゲトカゲ

キングレムリン』採用に当たって、『パートナーガ』以外のサーチ先としての選択。
もちろん、【ガジェット】との相性はいうまでもないでしょう。

EMパートナーガ

スケール3の爬虫類モンスター。キングレムリン』からサーチ可能です。
地味に、攻撃力を挙げる効果が打点の低い【ガジェット】のちょっとした補強になっているのもGOOD!
3枚、あるいはスケールが低いモンスターをもう少し足して、ペンデュラム軸にしてもよいのですが
今回は最低限にし、ペンデュラム要素入り程度に収めました。
あまり特化しすぎないほうが、本来の【ガジェット】の動きもしつつ動けるかなと思った次第です。

音響戦士

『ギータス』はスケール7のPモンスターですね!
P効果でほかの【音響戦士】をデッキから特殊召還できるカードです。
魔法罠でも、コストとして捨ててもうまみのあるカードを数枚採用しているのは
このモンスターとの相性を考えてです。
特殊召還先として『サイザス』を出してから『ガジェット』とのエクシーズ、
『ドラムス』を出してから☆6シンクロ という流れになります。

『ドラムス』は【音響戦士】の属性変更を場にいるとき、または墓地のこのカードを除外してできるため
属性縛りシンクロができるので、『パルキオン』を出せるので、
バック封じながらペンデュラム展開することができれば、理想の動きができるかと思います。
P割りは仕方ないですが・・・。

この枠に関しては『ベーシス』を入れて、5,9シンクロができるようにしてもいいかなと思いましたが、
展開を守るカードとして『パルキオン』が使えたので、今回は『ドラムス』にしています。


また、☆4が3体並ぶことも割と多いため【プトレ・ノヴァ・インフィニティ(新たなる呪文)】から
守りつつ動くことも可能なので、この2体のどちらかをおきつつ動くのが理想です。 

『サイザス』が2枚なので、引き込んだら残念な結果になりますが、
3枚入れないのは『ギータス』は『ギアギガントX』でサーチできる。
さらに言えば、『貪欲』『エメラル』で戻すことも可能であることを考慮してですね。
あまりしないですが・・・。


簡易融合

『ノーデン』出すことで実質1枚でエクシーズできる強カードですが、
召還権使わずに『キングレ』『ギアギガントX』につなぎ、実質サーチに変わる。
また、先ほど言った『インフィニティ』 の流れからスタートをきれることができるのも
うまみの1つでしょう。

リビングデッドの呼び声

完全なペンデュラム軸ならあまりいらなく感じますが、
【ガジェット】効果は特殊召還も対応していますし、ペンデュラム出だせる【ガジェット】が
多いほうが展開量が大幅に増えます。

また、『パルキオン』も蘇生させることもできますし、
『サイザス』を出して、『ドラムス』を効果で除外。 
その後、『サイザス』をエクシーズ素材として落とせれば、
『サイザス』の効果で『ドラムス』を特殊召還できるので、
こちらも☆6シンクロができる道ができますね。

~~シンプルにペンデュラムをしてみよう~~

このデッキは基本、手札に1枚ペンデュラムモンスターがあれば、片方サーチすればいいため、
割とPゾーンを埋めることはたやすいです。
『ギータス』は『サイザス』でサーチも可能ですからね。

手札に『ギータス』『ガジェット』+何か1枚 があればP召還をするという動きまではできます。

①『ギータス』をPゾーンにセット

②『ガジェット』を召還。効果起動まで。

③『ギータス』効果。1枚手札を切って『サイザス』を特殊召還。

④『キングレムリン』出して『パートナーガ』サーチ。

⑤『パートナーガ』Pゾーンにセットする。

⑥サーチした『ガジェット』をP召還で特殊召還できる。

あくまで最低限の動きですが、実際『カゲトカゲ』『キンギョ』がいれば②のタイミングが変わり、
もう1体のエクシーズがたちますし、そもそも☆4が多ければペンデュラムで出せる数も増えます。
『蘇生』『簡易融合』なども同じですね。
『サイザス』セットスタートで生き残るのは1番うまいですが。

もちろん『パートナーガ』が手札にあれば、スタートは『キンギョ』だったりで『ギアギガントX』を
出す作業に入りますが、こちらだと『カゲトカゲ』では駄目だとか、若干スタートきりにくいので
若干スローペースになるかもしれませんね。

ペンデュラムテーマをあまり手をつけていなかった自分としては
いいきっかけになったというデッキですね。
是非、ペンデュラム召還で楽しみましょう!
割と安価で組めますし、高めの『ブレイクスルー』や『ギャラクシーサイクロン』あたりも
必須ではないので、十分代用は効きます。
よかったら組んで遊んでみてください。

それでは閲覧のほうありがとうございました!




プロフィール

ゆら。@ヒトデの人

Author:ゆら。@ヒトデの人
ゆら。と申します!

基本的に、DD(王者型、純型)や沈黙シャドール、ファンデッキを中心に
遊技王をプレイしています。

宜しくお願いします!

twitter:https://twitter.com/RyuNra_olive

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR