新弾登場!デッキビルドパック -スピリットウォリアーズ- ~天気編~

どうも! ゆら。です!

今回は、
前回の【魔弾【六武衆編】に続きまして・・・

こちらも新テーマの

【天気】

を紹介していこうかと思います。


周りに実は天気使いはおらず、

実際に対戦したことはありません。


とはいえ、興味があったテーマです。

これを機に、是非、一緒に使ってみましょう!



そもそも『天気』とはどんなものなんや?

基本的なところですが、

どういったことをするデッキなのか

気になりますね!


では、今回のお題です!!


・天気というテーマについて!

・個々のカード紹介!

・天気と相性のいいカードをご紹介!




では早速1つ目の話からしていきます!





①天気というテーマについて

ダウンロード 

天気というテーマは、

永続魔法、罠でモンスターに効果を与えるという

斬新なテーマになっています。


モンスターには以下の共通効果があります。

フィールドのこのカードが「天気」カードの効果を発動するために除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。


『天気』の永続魔法、罠カード

効果付与したモンスターを除外することで

効果の使用ができるというものとなっています。


その除外するというコストとかみ合った効果を持っています。


また、永続魔法、罠の方にも除外するという効果以外にも

共通の効果があります。

(1):「〇の天気模様」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードと同じ縦列の自分のメインモンスターゾーン及びその両隣の自分のメインモンスターゾーンに存在する
「天気」効果モンスターは以下の効果を得る。


天気模様は同名カードを並べることができない

縦列やその両隣に効果付与できる

という2つの効果ですね


【魔弾】もそうでしたが、

縦列などのフィールドの場所が

重要となる効果が増えてきましたね。


card100015567_1.jpg 

ポジションが重要になってくるテーマが増えると

『ポジションチェンジ』の効果が

そのうち重要になってくるかもしれませんね。



では、個々のカードについて触れていきましょう!
 
②個々のカード紹介!

では、個々のカードを紹介していきます!

 
①☆3の天気モンスターたち

card100058425_1.jpg card100058446_1.jpg 

<雪天気シエル>

効果モンスター
星3/地属性/天使族/攻   0/守2200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「天気」魔法・罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(2):フィールドのこのカードが「天気」カードの効果を発動するために除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

 
<雷天気ターメル>

効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻1700/守   0
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示の永続魔法・永続罠カードを1枚墓地へ送って発動できる。
デッキから「天気」魔法・罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(2):フィールドのこのカードが「天気」カードの効果を発動するために除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。


基本的にキーとなる2種類から紹介しましょう。

どちらもデッキから

『天気』魔法、罠を置く効果になってます。 


『シエル』は打点が低いので

即座に効果の仕様を狙いたいです。

召喚での効果起動なので

使いやすいですね。


また、『シエル』の効果は

名称ターン1がついているため、

『ブリリアントフュージョン』や

『サモンチェーン』などで召喚権を増やして

効果の連打を狙うことは

不可能となっています。

使用する際は『ターメル』などを

うまく活かしたいですね!


『ターメル』は永続魔法、罠を

天気カードに入れ替えることができます。

キーカードの1枚で

シエルの次に

持ってきたいカードですね。

シエルと違い、

アタッカーとしても機能します。
 
card100058431_1.jpg card100058443_1.jpgcard100058434_1.jpg

<雨天気ウズラ>

効果モンスター
星3/水属性/天使族/攻1200/守1400
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から「天気」魔法・罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(2):フィールドのこのカードが「天気」カードの効果を発動するために除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

<晴天気ベンガーラ>

効果モンスター
星3/炎属性/天使族/攻1600/守 400
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドの表側表示の永続魔法・永続罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚し、
手札から「天気」魔法・罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(2):フィールドのこのカードが「天気」カードの効果を発動するために除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

<曇天気スレット>

効果モンスター
星3/風属性/天使族/攻1500/守1000
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが自分フィールドに存在し、
このカード以外の自分フィールドの表側表示の「天気」カードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「天気」魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードを自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(2):フィールドのこのカードが「天気」カードの効果を発動するために除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。


その他の☆3の天気モンスターたちです。

『ウズラ』

『シエル』『ターメル』と同じく

天気魔法・罠を置くことができます。

ただし、特殊召喚からなので、

『晴の天気模様』などでの展開

必要になります。

若干癖があるカードですね。


除外ゾーンから戻ってくるのは

特殊召喚になるため、

そのタイミングでもサーチできますね。


続いて『ベンガーラ』

16打点という最低限のアタッカーとなってます。

墓地からの永続魔法、罠を墓地に送って

蘇生できるカードです。

癖のある『王宮の勅命』などを墓地に送りつつ

展開できるという強みはありますが、



ただ、

墓地に送る必要がある

ハンドにきても使いづらい

永続魔法罠だよりのカード

というのが目に付きますね。


最後に『スレット』

簡単に言うと使いにくいカードです。

ステータスも15と微妙。

効果はというと、

このカード以外の天気カードが

墓地に送られて起動する

という面倒な条件

墓地に天気カードがないと

効果が使えないという

序盤では腐る札になるかと思われます。


一気に

2枚墓地の天気カードの再利用

行えるというのは弱くないですが

その効果の貢献度が

低いように感じます。


個人的には

採用候補からは

ハズレそうなカードかなと

思いますね。


 
②上級天気モンスター
card100058452_1.jpg 

効果モンスター
星6/闇属性/天使族/攻2200/守2000
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「天気」魔法・罠カード1枚を選んで
自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの「天気」魔法・罠カードは相手の効果の対象にならず、
相手の効果では破壊されない。
(3):フィールドのこのカードが「天気」カードの効果を発動するために除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

 ☆6ということもあり

専用構築が必要となります。

 
ただ、効果としては申し分ないほど強力です。

『シエル』の上位互換のサーチorサルベージ効果

場にいると対象、効果破壊耐性を

全ての天気モンスターに付与できます。


【聖刻】などと合わせて

構築していくと

かなりいい感じに組めるかなと思われます。




③永続魔法天気カード
card100058482_1.jpg card100058470_1.jpg

<晴れの天気模様>

永続魔法
(1):「晴れの天気模様」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードと同じ縦列の自分のメインモンスターゾーン及び
その両隣の自分のメインモンスターゾーンに存在する「天気」効果モンスターは以下の効果を得る。
●このカードを除外し、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターをリリースし、そのモンスターとカード名が異なる「天気」モンスター1体を、自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

<雪の天気模様>

永続魔法
(1):「雪の天気模様」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードと同じ縦列の自分のメインモンスターゾーン及び
その両隣の自分のメインモンスターゾーンに存在する「天気」効果モンスターは以下の効果を得る。
●このカードを除外して発動できる。
デッキから「天気」カード1枚を手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事はできない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

『晴れの天気模様』

天気モンスターの入れ替えを

行ってくれるカードと考えてくれていいでしょう。

リリースするモンスターは

『天気』である必要がないので

【聖刻】などの

リリースから展開できるテーマは

かなり相性がいいかと思います。


『雪の天気模様』

シンプルに強いサーチ効果を持っていますね。

『天気カード』なので

魔法・罠カードでも

可能です。


card100058467_1.jpg card100058473_1.jpg

<雨の天気模様>

永続魔法
(1):「雨の天気模様」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードと同じ縦列の自分のメインモンスターゾーン及びその両隣の自分のメインモンスターゾーンに存在する
「天気」効果モンスターは以下の効果を得る。
●このカードを除外し、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

<曇りの天気模様>

永続魔法
(1):「曇りの天気模様」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードと同じ縦列の自分のメインモンスターゾーン及びその両隣の自分のメインモンスターゾーンに存在する
「天気」効果モンスターは以下の効果を得る。
●このカードを除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターの攻撃力は半分になり、直接攻撃できる。
この効果はダメージステップでは発動できず、相手ターンでも発動できる。
 
『雨の天気模様』

相手のバックを手札に戻す

効果を持っているカードです。


モンスターに付与する効果なので

場にモンスター出しながら

バックをもどす効果なので

スタートではあまり強くはありませんが

効果を使用した

天気モンスターが戻れば

毎ターンのように

バックを戻せるのは強いですね。

除去カードを使わせず

動けるかと思います。


とはいえ、

フリーチェーンには注意が必要です。


最後に

『曇りの天気模様』です。

『ドリルウォーリアー』のように

半分に下げてのダイレクトアタック

できる効果を付与します。



終盤活躍するケースもありますが

必須というレベルでもないかなと思います。


とはいえ、

最近はライフコストバンバン払うデッキが多く

ワンチャンあるかなとも思いますね!
 
④永続罠天気カード
card100058491_1.jpg card100058485_1.jpg

<オーロラの天気模様>

永続罠
(1):「オーロラの天気模様」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードと同じ縦列の自分のメインモンスターゾーン及びその両隣の自分のメインモンスターゾーンに存在する
「天気」効果モンスターは以下の効果を得る。
●カード1枚のみが自分または相手の手札に加わった時、このカードを除外して発動できる。
手札に加わったそのカードを除外し、そのプレイヤーはデッキから1枚ドローする。

<雷の天気模様>

永続罠
(1):「雷の天気模様」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードと同じ縦列の自分のメインモンスターゾーン及びその両隣の自分のメインモンスターゾーンに存在する
「天気」効果モンスターは以下の効果を得る。
●このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に、このカードを除外して発動できる。
その相手モンスターを持ち主の手札に戻す。

『オーロラの天気模様』

サーチカードなどで加わったカードを

除外できるので

かなり強力に感じます。


とはいえ、

ドロー効果があるため

慢心はできないですね。



『雷の天気模様』

簡単に言うとバウンス効果ですね。

ダメージステップでのバウンスなので

バトルに入らなければいけない点が

やや目につきますね。


『壊獣』などを送り付けて

面倒なモンスターをどけた後

『壊獣』を回収するという流れは

なかなか強力かなと思います。

⑤天気リンクモンスター


card100058458_1.jpg 

<虹天気アルシエル>

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/天使族/攻2400
【リンクマーカー:左下/下/右下】
「天気」モンスター3体
(1):このカードのリンク先の「天気」効果モンスターは以下の効果を得る。
●魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを除外して発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):相手がモンスターを特殊召喚する際に、リンク召喚したこのカードを墓地へ送って発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。
(3):フィールドのこのカードが「天気」カードの効果を発動するために除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

効果はこれ以上にないというほど強力です。

が、

天気モンスター3体

かなり出しづらいというのは

わかっていただけるかと。


効果的には

スタートから置きたいのですが、

正直、初ターンから立てるのは

かなり難しいかと思われます。

特化した構築にするほかないでしょうね。


『ベンガーラ』の蘇生効果など

うまく活かしたいですね。


③天気と相性のいいカード

順番にいくつか紹介していきましょう!


① 『宣告者』
card73708422_1.jpg 

<朱光の宣告者>
チューナー(効果モンスター)
星2/光属性/天使族/攻 300/守 500
このカードと天使族モンスター1体を手札から墓地へ送って発動する。
相手の効果モンスターの効果の発動を無効にし破壊する。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

『ベンガーラ』をうまく墓地に送る手段として

使うことのできるカード

天使デッキなので

手札誘発としても強力なカードです。

②『ヴァルハラ』『光神化』
card100020980_1.jpg card1001075_1.jpg

<神の居城 ヴァルハラ>
永続魔法
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズにこの効果を発動できる。
手札から天使族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果は自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動と処理ができる。

<光神化>
速攻魔法
手札から天使族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は半分になり、
エンドフェイズ時に破壊される。

どちらも手札の天使を

展開できるカードです。

『ヴァルハラ』

永続魔法なので

天気モンスターの効果の

コストとしても使用できます。


『光神化』

『地獄の暴走召喚』などとも相性が良く

すぐに『アルシエル』につなげることができます。

普通に強い流れですね。



③降雷皇ハモン

card1000236_1.jpg 

永続魔法が多いので

作戦プランBとして採用することができます。

4000打点もあり、

強力なモンスターなので、

一気に状況をひっくり返すパワーも秘めてます。

④群雄割拠
card100058512_1.jpg 

種族が統一されているので

『群雄割拠』は採用しやすいです。

『ターメル』『ベンガーラ』

コストにもできるカードですし、

デッキによっては有効に働くかと思います。


現環境では、

『御前試合』が強力ですが、

環境は変わるものです。


まとめ

アルシエル氏はいっている

BeN0_coCcAEsBMI (1) 

無理やりでも展開しろってことだね

わかるとも!!!


てなわけで、

今までとは違う戦いを見せる天気デッキ

是非、使ってみてください!


ではでは!!





ランキング参加中!
是非、クリックをお願いします!


人気ブログランキング
スポンサーサイト
プロフィール

ゆら。@ヒトデの人

Author:ゆら。@ヒトデの人
ゆら。と申します!

基本的に、DD(王者型、純型)や沈黙シャドール、ファンデッキを中心に
遊技王をプレイしています。

宜しくお願いします!

twitter:https://twitter.com/RyuNra_olive

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR